全自動麻雀卓が老後の健康の鍵!? 読み込み中

老後こそ麻雀

健康的な麻雀が、最近のブームとされているのは、今後日本社会が直面するであろう「超高齢化社会」に備える人々の健康寿命への願望がもたらしているものなのかもしれません。

日本において、「高齢化社会」などというワードが使われはじめたのは1970年頃からのようです。先進国における高齢化率は、発展途上国における高齢化率から比較すると高い傾向があるようです。

世界的に比較すると、現代の日本の高齢化人口は高い傾向にあり、今後さらに「超高齢化社会」として、世界的には先駆けとなる高齢化人口を多く抱えた国家として、この先、日本社会の在り方が注目を集めるかもしれません。

国による「健康増進法」は、国民の健康的な生活環境をサポートする意味合いで、様々な取り組みが行われ、この度改定を加えられた「喫煙ルール」などにおいては、社会的な大きな変化が街並みに現れてくる予兆が随所にみられております。「吸わない」「賭けない」「飲まない」をモットーとする『健康麻雀』は、高齢者向けとして、シニア世代の人々を中心にその活発な活動風景が多くみられますが、改定を加えられた「喫煙ルール」の背景に、禁煙化された麻雀ルームを求めて、新たに雀荘を訪れる若い女性たちの姿も垣間見られる、というような声も上がっているようです。

『健康麻雀』は、新しい麻雀のイメージを人々に伝承していく意味合いをもって、麻雀の可能性を限りなく広げているのかもしれません。

麻雀は、脳科学などの分野では、麻雀牌を束ねるような手先を駆使する独特且つユニークな動きと、様々な図柄を認識しながらゲームを構築し戦略を積み上げる脳の働きが、加齢とともに衰えはじめる身体と脳の働きに、健康なバランスを与える娯楽として良好な考えが向けられております。

何よりも麻雀には、人と人のコミュニケーションを繋げる大衆娯楽としての要素が、特に多くの麻雀ファンを惹きつける理由の1つであると思われますが、今後も日本社会を健康的に支えていく為の、ファクターがまだまだ、隠されているのではないかと注目されています。

今では全自動麻雀卓というものもあり麻雀がさらに身近なものへと変化しています。少しでも麻雀に興味がある方はこの機会に麻雀について調べてみてはいかがでしょうか。