リンパの働きで大きなものは「免疫機能」だと言えます。リンパ節の役割は、菌が体内に侵入してこないように「関所」のような働きを担っています。最終的に心臓や脳などの重要な場所に異物や菌が流れ込まないように、何重にもチェックを行っているというわけです。その「免疫システム」のおかげで、私たちは病気に罹らないように出来ているのです。身体では本来、体内や血液中に細菌やウイルスが侵入すると、身体を守る「白血球」が反応し、退治してくれますが、組織液に病原菌がいた場合、即座にリンパ管へ回収され、リンパ節へと運ばれます。そのリンパ節の中にはフィルター状の構造があり、これによって菌はリンパ液から除去されます。そして、リンパ節の中にいる白血球の中でも最強の「リンパ球」がいるので、病原菌が通過して全身に回ってしまうのを阻止してくれているのです。リンパ節は「マクロファージ」も作っていて、侵入してきた細菌やウイルスをリンパ球が退治し、残骸などをマクロファージが食べておそうじしてくれます。耳の下にあるリンパ節のグリグリが腫れて痛くなったという経験を持つ人もいるでしょう。免疫力の低い子どもの頃は、細菌の力が強まると、リンパ節の中でリンパ球を沢山作り出す為に腫れあがってしまうのです。つまり、リンパ節が腫れているのは、リンパ球たちが体内の細菌と戦ってくれている証拠なのです。リンパのネットワークが正常に機能していれば、私たちの身体を細菌やウイルスから守ってくれ、老廃物もきちんと排出さてます。常にクリーンなリンパ液が体内を循環し、細胞もたっぷりの栄養を受けて、生き生きと活動します。その事によって、細胞の再生力は高まり、アンチエイジングにも繋がるのです。

「笑う門には福来たる、肩こりを直したいならツボに限る」サイトトップへ