少し前までの高度成長期時代の日本では、「麻雀」をイメージした時に、咥えタバコに、徹夜で麻雀を打つ人々の姿を挙げる人々も少なくないのではないかと思います。

あれから半世紀後の日本社会の中で、人々が声に出して求めるようになったものの1つとして、『健康』をあげる人々は少なくないのではないかと思われます。

現代社会を生きる、皆さんにとって価値あるものとは、どんな事柄が浮かびますでしょうか?

超高齢化社会を目前に、『健康麻雀』が、人々のニーズを受けてブームとなっている背景には、『健康的な麻雀』が、人々にもたらすメリットに注目が集まっているからなのではないかと思うのです。

【健康麻雀の長所】
●麻雀牌を掴んだり、離したり、手先・指先を細かく動かす
●勝負に勝つための戦略を頭で練る、考える、実行する
●孤立せず、人々の輪の中で楽しい時間を過ごす事ができる
●周囲の人に、ハッキリと聞こえるように大きな声を発生しながらゲームし、意志疎通を計る
●周囲の人々とリズムを合わせ協調性のある動きを必要とする
●様々な世代の人々が楽しめる

上記のような長所が『健康麻雀』の長所として考えられている事が、『健康』を意識している人々の関心を寄せている理由でもあると思うのです。

麻雀は、一度ゲームを経験すると必ず病みつきになるとも言われるほど、そのゲーム展開に引き込まれる人々が多いと言われています。

麻雀を通して、自堕落な生活を送る人々がクローズアップされていた時代などもありましたが、現代においては、麻雀が『健康』を促進するというような観点から注目を集め、ブームともなるようになりました。

麻雀は、「脳のトレーニング」などと称され、シニア世代の高齢者の「脳トレ」だけではなく、ビジネスマンの商戦を計る「脳トレ」や、受験や学習に励む学生らの「脳トレ」としても活用される事もあるようです。