現代社会の人々が、『健康麻雀』に惹きつけられる理由として、麻雀特有のユニークなゲーム方法に、『健康』を保つ秘訣が隠されているからだと考える人々も多くいます。

現代人が、『健康』を強く意識する背景には、これから日本社会がむかえるであろう、「超高齢社会」への懸念が、多くのメディアで取り上げられています。

世界を先駆けて、日本社会が直面する「超高齢社会」については、理解しているようで、理解出来ていないのが、現代の日本社会を生きる人々の特徴でもあるのではないかと思われます。

というのも、『超高齢社会』に関する、データなどをまとめたものを表示すると、多くの人々がその驚きを隠す事ができない事にも付随しています。

1970年 日本社会が「高齢化社会」に入る
1994年 日本社会が「高齢社会」に入る
2007年 日本社会が「超高齢社会」に入る

日本社会における、高齢者人口の推移と比較
●「高齢化社会」約65歳前後の人々の人口が、日本の総人口の【約7パーセント】ほどを占める
●「高齢社会」約65歳前後の人々の人口が、日本の総人口の【約14パーセント】ほどを占める
●「超高齢社会」約65歳前後の人々の人口が、日本の総人口の【約20パーセント】ほどを占める

このようなデータの中が示される中で、
2025年 約65歳前後の人々の人口が、日本の総人口の【約30パーセント】ほどを占める予測
2060年 約65歳前後の人々の人口が、日本の総人口の【約40パーセント】ほどを占める予測

日本社会における、高齢者人口の増加の予測が、上記のような数値として、既に取り上げられ、予測などが行われている事実があるのです。

※上記のデータは全て、今後の人口の推移などにより、異なる見解がもたらせられる可能性もあります。