健康的に老後を迎える活動として、様々な人々が、様々な健康法を試みております。そのような、人々の健康志向における活動の中で、注目を集めている活動の1つに『健康麻雀』があります。

そのバックグラウンドには、日本社会の抱える深刻なる、高齢化社会と呼ばれる問題が潜んでいます。

2025年には「超高齢社会」をむかえる事が予測される日本社会において、健康的に老後を迎える事は、人々の社会的な課題とも言われています。

皆さんの多くが定年を迎えるであろう、約65歳前後の人々の人口が、日本の総人口の約●●パーセントほどを占める事を「超高齢社会」と呼んでいるそうです。約65歳前後の人々の人口が、日本の総人口の約●●パーセントほどを占めると、「超高齢化社会」であると考えられているようなのですが、皆さんは、「超高齢化社会」を目前とする日本社会において、総人口の約何パーセント以上を約65歳以上の高齢者で占める場合を、「超高齢化社会」と呼んでいると考えていますか?

【超高齢化社会を表わす数値】
① 約65歳前後の人々の人口が、日本の総人口の約20パーセントほどを占める
② 約65歳前後の人々の人口が、日本の総人口の約30パーセントほどを占める
③ 約65歳前後の人々の人口が、日本の総人口の約40パーセントほどを占める

「超高齢化社会を表わす数値」として、約65歳前後の人々の人口が、日本の総人口の約20パーセントほどを占める事を「超高齢社会」と呼んでいるようなのです。その内訳は、下記のような数値で表わされています。

●「高齢化社会」約65歳前後の人々の人口が、日本の総人口の約7パーセントほどを占める
●「高齢社会」約65歳前後の人々の人口が、日本の総人口の約14パーセントほどを占める
●「超高齢社会」約65歳前後の人々の人口が、日本の総人口の約20パーセントほどを占める

※上記のデータは全て、今後の人口の推移などにより、異なる見解がもたらせられる可能性もあります。