日本での麻雀ブームは、アメリカにおけるブームを受け、その流れをもって巻き起こった、人為的麻雀ブームと考えられているようです。

アメリカでは、日本の麻雀ブームの2年ほど前から、麻雀パーティや、社交の場での麻雀が持てはやされ、大きなムーブメントとなっていたようです。

麻雀牌を見ていると、私個人としては、どうしても、ドミノ倒しが浮かんでくるのですが、麻雀牌とドミノ倒しには関連性あるようなのですが、ハッキリとは、見出す事はできませんでした。

ドミノ倒しの他に、単体で「ドミノ」というゲームがある事を今回、初めて知り得ました。

皆さんは、「ドミノ」というゲームをご存知ですか?

私は、「ドミノ」を知らない無知な自分に、驚きを隠せないほど驚嘆してしまいました。ゲームって奥が深いものなのですね。

最近の世の中のeスポーツに寄せる人々の熱量や、そのゲーム人口の増加にもなんとなく納得がいくほど、人類とゲームの歴史は、古来より切っても切れないご縁であると実感しております。

我が孫も、学童での麻雀プリンセスを目指すべく、麻雀知識を教えてくれと、私にせがんできましたが、そもそも麻雀やその他のゲームに没頭する本能というのが、人間の本質的な部分を刺激しているものなのだから、「ゲームばかりに取り組んでいないで、勉強もしなさい」と、ジジなりに本気を出して喚起してみても、孫たちにとっては全く効力を示さないのは仕方がないのかもしれません。

麻雀ルールについてのおまけも、孫の麻雀データには、書き込みませんでした。

麻雀が世界中の人々に愛されているゲームである事は、私が伝えるまでもなく、孫はすでに承知の上かもしれません。

最近は、インターネットを使って、私が知らないような世界情勢などの事柄を調べたり、どこかの国の人々と繋がって、オンラインゲームを楽しんでもいるようです。世の中の流れが、私が青春を謳歌した時代からだいぶ変化している事を感じております。

admin
admin@mayhemandmadnesscomedy.com