麻雀が生まれて、時代を経てそこから数十年後の第二次世界大戦及び太平洋戦争では、日本と中国の衝突が生じた結果、戦争の相手の国ボードゲームやカードゲームなどをしてはいけないという風な風潮が広がったため、例えば野球であればアウトやストライクというものを善し悪しなどのように言い換えるなどして、外国語を禁止させる動きが大きく広まっていったという風にも言われているようです。このような状態においては、結局のところ十分な娯楽がなくなってしまうため衰退の一途を辿ってしまうというわけです。実は、麻雀も同じように中国という戦争の相手の国の娯楽を積極的に行ってはいけないという流れが強まってしまい、今では考えられないほど衰退してしまったという風にも言われているようです。そしてその代わりに戦争が終わった後に一般的に広まったのが西洋やアメリカで流行していたタイプの麻雀で、ルールが大幅に作り変えられるなどしてアメリカで作られているという風に言われているようです。昭和の中頃になると麻雀の連盟などが日本にも作られるようになるわけですが、これはアメリカによって作られた新しいルールに則って麻雀が行われていることの何よりの証拠となっているという風に言えるようです。そして、時代を経て昭和の終わり頃になると各種の週刊誌などでも麻雀が取り上げられることが多くなってきており今や一般大衆的な娯楽の一つであるという風に言えるかもしれません。爆発的なブームこそないものの子供からお年寄りまで幅広いプレイヤーがいるため今も廃れずに残っている娯楽の一つであるという風に言えるのではないでしょうか?現在では、インターネットの発達などによってネット対戦などもできるようになるわけですから、ゲームをプレイする環境が整っていることも重要なわけであるということは確実にいえるかもしれません。

admin
admin@mayhemandmadnesscomedy.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です