麻雀が「生きがい」であるといったようなお年寄りが増加しているようです。麻雀は社交場としても大変、お年寄りにとっては、貴重な憩いの場どうなっているそうです。何よりも、楽しみながら覚えることのできる「健康麻雀」は、「賭けない・飲まない・吸わない」などといった形で「賭け事をしないこと」また、「お酒を飲まないこと」「タバコは吸わない」といったような形で大変クリーンな麻雀として認知されています。手先を使いながら、頭を使い、また、ゲームをしながら会話をすることによって、多くの脳の神経を活性化させているなどとも言われています。高齢者福祉政策の一環になるのではないかなどと語る専門家たちもいるようです。一人暮らしの高齢者にとって、社会性のある生活を営むということに関して、麻雀は、大きな役目を果たしてくれているようです。仲間や、お友達同士で、ワイワイガヤガヤと過ごす一日は、日常生活にハリをもたらしてくれるなどと、語るシニア層が多いようです。何よりも、身体機能が衰え始めている高齢者にとって、麻雀は身体的能力に問題があろうとも、問題なく様々な人と楽しむことができるので、多くの麻雀シニアプレイヤーが活躍してもいるようです。

admin
admin@mayhemandmadnesscomedy.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です