プロは雀士は素人には考え付かないような手を繰り出すことができます。それは無謀にも見える手なのですが、結果的に勝ちに繋がっていることが多く、初心者を驚かせます。プロがこのような手を見つけられるのは、ひとえに経験を積んでいるからです。例えば相手のリーチを上手くかわしながら、アタリ牌を無駄打ちせず、最終的に上がってしまうこともありますが、経験無くしてこのような振る舞いは不可能です。経験と言うと分かりにくいかもしれませんが、要は知識の多寡で決まるものです。何度も実戦を積めば、どのようなケースで危険が発生するのか覚えてしまうのです。危険の発生シチュエーションが頭に入っていれば、そのシチュエーションが生まれた時に安全牌を用意したり、危険牌を早く捨てたりすればよいだけです。相手がリーチを掛けてきたとしても、危険の程度に応じて自陣の攻撃態勢を整えることが出来ます。麻雀も知識の量が最後に物を言うのです。さて、ここで現在の皆さんの知識量を知るためにも、簡単なクイズを出しておきましょう。北家のリーチに遭遇したとします。自分にはテンパイがあり、リーチを掛けたいのですが、現物の二萬を切るべきでしょうか、それとも3メンチャンになる牌を選ぶべきでしょうか。初心者には難しい問題かもしれませんが、簡単に解説しておきましょう。まず状況を正確に把握します。早い巡目であること、リャンメン待ちor3メンチャンであること、ドラが2枚であること等が判断材料になります。確実に言えるのは、リーチは掛けるべきであるということです。ではどの牌を切ればよいのか。二萬を選んだ人も多いでしょうが、結論から言えばその選択は危ういものです。確かに放銃せずにテンパイを得られるのは魅力的ですが、次の巡目のことを考えない無謀な手でもあります。相手がこの先何をツモってくるのか分からないからです。

admin
admin@mayhemandmadnesscomedy.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です